環境保護技術

環境保護技術

樹脂注入成形法(またはサンドイッチフローガイド法)は、真空中で樹脂を型内でガラス繊維強化プラスチックおよびコア材料に注入する方法である。 このようにして、62フィートの船の下にある新しい船体または甲板を作ることができます。 その利点は、軽量、高強度、高性能、環境および安全性の各機能、そして最適なFRPとコアの接着力を兼ね備えていることです。 また、構造全体に影響を与えずに、さらに軽量化することができます。 さらに重要なことには、環境の観点から、このプロセスは実質的にVOC排出を排除し、作業環境条件を改善します。 一方、船体内に残留気泡が発生するのを防止するために、全船体の最外層3層は耐酸性ビニルエステル樹脂からなる。

漁船、客船、作業船、ヨットなどの艇の専門メーカー。

プレスリリース